どんどん太るお腹の脂肪をとってダイエットに成功する方法

どんどん増えるお腹の脂肪を取る方法

年齢とともにどんどん増えるおなかの脂肪

 

ダイエットしようとしてもなかなか落ちないお腹の脂肪
食べる量は増えていないのに、なぜかポッコリお腹に・・・

 

特にお腹と腰周りのぜい肉が増えてしまい、なかなか落とすことができません。
どうすれば痩せるでしょうか?

 

普段のエネルギー消費が低下しているから
食べる量は一緒でも、年齢とともにおなかに脂肪が蓄積されてしまう。

 

さらに年齢を重ねると「筋肉量」までもが低下してしまうから
自然と運動からも遠ざかり、ポッチャリ街道まっしぐら!なんてことも。

 

運動が効果的と言いますが、運動だけで痩せことがでいたら、相撲取りはみんなさんガリガリです。

 

やはり、ダイエットには食事の量と栄養バランスが大事です。

 

特に40代の女性は、基礎代謝がガクッと落ちるし体内のあらゆる必要成分が減少傾向にあります。

 

若い頃は少し食事を抑えるだけで、すぐにダイエットできたのに、アラフォーになると共に落ちにくくなった・・・

 

その原因は、20代をピークに酵素が減少し、40代から急激に減り始めるからなんです。

 

つまり、あなたが痩せなくなったのは酵素が足りないから・・・

 

その酵素を効率よく補充してやらないと、運動をいくら頑張って痩せないし、食事制限も辛いだけになってしまいます。

 

元祖生酵素は、店頭でも売り切れ続出中!

 

芸能人の愛用者も多く、シリーズ累計790万個を超える大ヒット酵素サプリメントです。

 

あなたのダイエットに必要な生酵素の詳細はこちら

 

女性のお腹は特に体脂肪の付きやすい部位であり、その特質がお腹の脂肪を落ちにくくさせている要因と言われています。

 

お腹回りの脂肪は、長年放置しておくと取れにくいセルライトと呼ばれる物質を形成するキッカケにもなるので、お腹の脂肪やお肉が気になり出した人は、早めに対策を実践した方がよさそうです。

 

女性のお腹のお肉を形成している脂肪は、主に皮下脂肪型と考えられ、この皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪く、分解されにくい(脂肪が落ちにくい)性質をもっていることから、効果が現れるまでに時間がかかります。

 

ダイエットに効果的な生酵素の詳細はこちら

お腹の脂肪をとるにはセルライトを除去しよう!

20~30代の女性は、身体に余分なお肉が付き始めた事がだんだん気になるようになります。

 

特にお腹周りのお肉はダイエットをしてもなかなか落としにくいものです。

 

セルライトは太ももやふくらはぎだけではなく、お腹周りも付きやすくセルライドがびっしりとついてしまうと、有酸素運動や筋トレを一生懸命頑張ってもお腹の脂肪をとることができません。

 

お腹周りには大きなリンパ節が存在しないため、一番近くでも太ももの付け根のリンパ節で、リンパ液の循環を行っています。

 

したがって座り通しの姿勢などで圧迫されると、流れが悪くなり滞ってしまいお腹にもむくみが発生します。

 

もともと皮下脂肪が多く付いているお腹でむくみが起こると、その脂肪細胞に滞って染み出した余分な水分や老廃物が絡みついてセルライトとなってしまいます。

 

お腹に脂肪がつくタイプとしては、おへそを中心にお腹全体に脂肪がついているのと、下腹部分に脂肪がついているタイプがあります。

 

いくらダイエットと腹筋をしても、なぜかその腹筋の表面に乗っているような物体は、セルライトと化した脂肪細胞ですから落ちることはありません。

 

ですから、お腹の脂肪をとるには腹筋を鍛えるのももちろんですが、セルライトをなくす必要があります。

お腹の脂肪とセルライトをとるエステ

お腹の脂肪をとることに特化したエステの痩身コースは、マッサージはもちろん特殊マシンを使って体のインナーマッスルに働きかけ皮下脂肪の燃焼を促していきます。

 

FAVORIX GROUP

 

お腹の脂肪をとる方法は、各エステで効果的な方法を取り入れているので、あなたに合った方法を体験して選んでくださいね!

 

お腹痩せとターゲットを絞るので、身体全体の痩身よりは効果が実感出来るのは早いといえるでしょう。

 

その日のうちにマイナス数センチを実感できる人もいますが、これはあくまでむくみの解消(水分減少)ですので、安定したサイズダウンを体感するのには1ヶ月以上継続して施術を受けてみましょう。

 

自己流ダイエットで失敗しまくりのアラサー・アラフォーがダイエットに成功した秘密はこちら

お腹の脂肪が取れない原因

女性のお腹は特に体脂肪の付きやすい部位であり、その特質がお腹の脂肪を落ちにくくさせている要因と言われています。

 

お腹回りの脂肪は、長年放置しておくと取れにくいセルライトと呼ばれる物質を形成するキッカケにもなるので、お腹の脂肪やお肉が気になり出した人は、早めに対策を実践した方がよさそうです。

 

女性のお腹のお肉を形成している脂肪は、主に皮下脂肪型と考えられ、この皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪く、分解されにくい(脂肪が落ちにくい)性質をもっていることから、効果が現れるまでに時間がかかります。

お腹のお肉をなくす方法

お腹のお肉はちょっとした努力では取れないが現実。

 

年齢と共に体の代謝も悪くなるので、普通にしていたら徐々に脂肪が増えるのは当たり前!!
時間が無く運動が中々できない方や、お腹のお肉を落としたい方へオススメの対処方法とは?

 

  • 若いころはそんなにお腹のお肉もなかったのに・・・
  • 年齢を重ねるにつれて徐々に増える腰回りのお肉・・・
  • 食事もそんなに沢山たべてないし・・・
  • 運動も、ダイエットもしてるし・・・
  • 何で痩せないんだろう・・・・

 

ダイエットの方法が違うのか?
やっぱりお腹の脂肪をとるには   原因があるんです。
しっかりとした下腹くびれダイエット方法や生活改善で予防やくびれを取り戻す事ができます。

 

  • お腹の脂肪をとる筋トレをやれば・・・
  • お腹の脂肪をとる運動を行えば・・・

といっても、中々継続できないもので、継続すればそれなりの効果もあるでしょう。

 

ただし、ほとんどの方々が継続できないから悩みがつきないんです。

 

ダイエットって難しいですよね・・・
しかもお腹の奥にある筋肉なので、ちょっと運動してすぐに鍛えられるようなものではありません。
激しい運動をおこなって筋肉痛になったというようなことがありますが、これはインナーマッスルではなく表面にある筋肉が鍛えられているんです。

ポッコリお腹の原因

・筋力低下

  • お腹周りの筋肉(腹筋など)は、日常生活ではあまり使われないため、年齢とともにその衰えが目立ってくる。
  • すると今まで内臓を支えていた腹筋群が、徐々にその重さ(圧力)に堪えきれなくなり、内側から押されることによって下腹がぽっこりと膨らんだように見えてくる。

 

・腸の機能低下

  • 筋力強化やカロリー制限等の通常のダイエットでは効果が現れにくいとされている原因のひとつ。
  • 細菌やカビ、ホコリなどが腸内に溜まり、悪玉菌が増えると腸の粘膜が敏感になる。
  • その結果、腸内環境が乱れ(あるいは衰え)アレルギー反応を引き起こすため、腸が腫れやすくなり、下腹が膨らんだように見えてしまうことがある。

 

・便秘

  • お腹に張りや痛みを感じるような場合に考えられるぽっこり下腹の原因のひとつ。
  • 腸内に運ばれてきた食物が腐敗するとガスなどが発生するが、便秘により排出される出口が塞がれているため、滞留している便やガスがもとで腸が膨らみ下腹が出やすくなる。

 

・骨盤の歪み

  • 腸の機能低下同様、通常のダイエットでは効果が現れにくいぽっこり下腹の原因のひとつ。
  • 骨盤が歪んでいると開閉がスムーズに行われないため、開きっぱなしの状態にあると内臓が本来あるべきポジションを維持できず、下へ下へと落ち込んでしまうため、結果、下腹がぽっこりと出て見えることがある。

 

・体脂肪の増加

  • 女性の体は特に、腹のたるみが目立つようになると、洋梨のような体型(いわゆる〝おばさん体型〟)になってしまう傾向が強く、出産経験のない若い女性であっても、年齢より老けて見られることが多いようです。

 

腹回りの〝たるみ〟も老化現象のひとつなので、太っているいないに関係なく、年を重ねるとともに、徐々にたるんでいくものですが、20代、30代という若さで、腹回りの〝たるみ〟が目立つようになると、特に独身女性のショックは相当なものでしょう。

 

そのため、腹回りの〝たるみ〟が目立ち始めると、効果がある(あった)とされる解消法を、一度は試してみたくなるものですが、なかなか目に見える効果が現れないため、志半ばで諦めてしまう人も少なくありません。

 

しかし、一旦諦めモードに入ってしまうと、腹回りの〝たるみ〟は、より取れにくい〝セルライト〟と呼ばれる物質を形成するキッカケにもなるので、腹回りのたるみが気になり出した人は、早めにたるみ対策を実践した方がよさそうです。

 

そこで、途中で諦めてしまわないためにも、なぜ腹の回りについた〝たるみ〟は取れにくいのか…まずはその理由を知ることが大切です。

 

女性の体は、比較的、体脂肪の付きやすい部位とそうでない部位とに分けることができますが、腹は特に体脂肪の付きやすい部位であり、その特質が〝たるみ〟を落ちにくくさせている要因のひとつだと言われてい
ます。

 

ではなぜ、女性の腹回りの〝たるみ〟は落としにくいのか?もう少し、具体的に話を進めていきましょう。

 

腹回りに付く体脂肪は、大きく2種類《内臓脂肪》と《皮下脂肪》に分けられますが、女性は男性に比べ、皮下脂肪の付きやすい体質だと考えられています。

 

つまり、女性の腹の〝たるみ〟を形成している体脂肪は、主に《皮下脂肪型》と考えられ、この皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪く、分解されにくい(つまり、脂肪が落としにくい)性質をもっていることから、効果が現れるまでに時間がかかるのです。

 

そのため、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪も多く付いているような腹の〝たるみ〟を形成している場合は、通常、まず筋肉を動かすためのエネルギーとなる内臓脂肪から落ちていくため、皮下脂肪は内臓脂肪がある程度落ちてからでないと取れない(つまり、内臓脂肪が多いと、まずはそちらから燃焼されていくということ(ただし、皮下脂肪がまったく落ちないわけではない))ということになります(もちろん、個人差もありますが…)。

腹のたるみの原因

・ 筋力低下(筋肉の衰え)

  • 内臓などの臓器を守るため、腹回りは特に皮下脂肪が付きやすいが、日常生活ではあまり使われることのない部位であり、特に意識して筋力を付けていかなければ年齢と共に徐々に衰えて行き、たるみが目立つようになる。

 

・基礎代謝の低下

  • 筋力の低下は概ね30代頃から始まると考えられており、筋力の低下 → 基礎代謝の低下 → 燃焼されにくい→ 体脂肪の増加といった悪循環を招くため、腹のたるみが目立ち始めるようになる。

 

・コラーゲン不足

  • コラーゲンはハリのあるみずみずしい肌を維持するために欠かせないタンパク質の一種だが、年齢と共に徐々に老化する。
  • そのため、皮膚の弾力がなくなり保湿力等も低下するため肌にシワやたるみが現れやすくなる。
  • 40歳前後のコラーゲンの新陳代謝速度は10代の頃に比べると約半分程に低下するとも言われており、コラーゲン不足がたるみの一要因だと考えられている。

アラフォー女子が痩せない理由

「アラフォーになると簡単には痩せなくなる!」のは事実です。

 

それは、20代や30代とは体の構造が違ってしまっているから。

 

ここを正しく理解せず、ただ食事量を減らしたりしていると、一気にリバウンドするので要注意!

 

アラフォーからは体の構造を知ったうえで、正しい知識に基づいたダイエット法が必要です。

 

痩せない理由その1:加齢による基礎代謝の低下

  • 基礎代謝は20代後半から徐々に低下するものなので、運動習慣が全くなく、しかも、若い頃と同じような食生活を送っていたのでは、脂肪がどんどん溜まるのは当然のことといえます。
  • また筋力の低下による姿勢の悪さ、体幹の衰えによって、特にお腹周りには脂肪が溜まりやすくなりボディラインが乱れてきます。
  • さらに、痩せている人でも加齢によって皮膚の弾力と肌のハリが失われ、タルミが出てきます!

 

痩せない理由その2:女性ホルモンの乱れ

  • 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンがあります。
  • アラフォー世代になってくると、この二つの女性ホルモンのバランスが崩れていくもの。
  • その理由として、子供を生む機能が衰えてくることや生活の影響でエストロゲンが過剰になることが挙げられます。
  • 更年期などの症状もこの女性ホルモンの乱れが原因といわれています。

 

痩せない理由その3:エストロゲン過剰による脂肪の肥大

  • 「食生活の欧米化」や「環境ホルモン」の影響により、エストロゲンが過剰に分泌されるといわれています。
  • エストロゲンが過剰になると脂肪細胞を活性化して太る原因になります。

 

痩せない理由その4:セルライトの蓄積

  • 筋肉量の低下により毒素の蓄積が進行すると、加齢と合わせてセルライトができやすくなります。
  • 特にお腹周り、お尻、太ももにはセルライトが付きやすいものです。
  • セルライトはいちど定着すると除去するのは難しく、冷えや血行低下を招いて、どんどん太りやすくなります。
  • ストレスから暴飲暴食→体重増!!

 

痩せない理由その5:仕事のストレスによる暴飲暴食

  • 40代は、仕事や家庭のストレスが最も多い時期といえます。
  • そのストレスから暴飲暴食に走ってしまうと脂肪もどんどん溜まっていき、それがまた「太った、痩せない!」といったストレスのスパイラルを生んでしまいます。

 

痩せない理由その6:経済的理由による食生活の悪化

  • 子供を持つ家庭であれば特に「節約」が迫られます。
  • そこでまず削られるのが食費です。
  • ここで、ダイエットの知識が乏しいと、安くて太る食材ばかり選んでしまい太る原因となります。

 

また食生活の悪化は便秘も招きやすく、それが下腹ぽっこり体型を作ってしまいます。

 

痩せない理由その7:時間的理由による生活習慣の悪化

  • 仕事に子育てにとアラフォー世代は自分の時間がとれないことが多いものです。
  • 「忙しくてダイエットどころではない!」のは分かりますが、考え方と生活習慣を変えれば、ダイエットする時間は作れますし、それがアンチエイジングにもつながることを覚えておきましょう。

お腹の脂肪にメソセラピーが効果的?

お腹の脂肪を解消する事は、少し太り気味の女性の永遠のテーマともいえるでしょう。

 

今や女性だけでなく、素敵なスタイルを求める男性やメタボリックを解消したい人にも、ダイエットは関心のあるテーマになってきています。

 

ダイエットといえば食事療法や運動療法が挙げられるわけですが、確かにこれらは安全で確実でリバウンドの少ない方法と言えますが、時間がかかってしまうし部分的に痩せたいという希望を叶えるにはなかなか難しい方法です。

 

部分痩せの方法には、その部分の筋肉を集中的に引き締めるエクササイズや、外科的には脂肪吸引という方法がありますが、最近メソセラピーという方法が話題になっているようです。

 

メソセラピーとはどんな方法か知っていますか?

 

美容整形の分野では、メソセラピーは脂肪融解注射あるいは脂肪溶解注射と呼ばれ、特殊な薬液を皮膚の下に注射してその部分の脂肪を溶かして体外へ排出するという痩身法のことを言うようです。

 

部分痩せを希望する人で脂肪吸引までは踏み込めない人が、気軽に受けられる方法のようです。

 

脂肪吸引に比べて身体への負担が少なく、施術自体も15分ほどと時間がかからないことなどの理由で人気になっているようです。

 

ただし、メソセラピーは1回の注射で即効的に痩せられるという魔法の注射ではありません。

 

メソセラピーや部分痩せに興味のある人は、さまざまな体験談のサイトや美容整形外科のホームページを参考にしたり、効果やリスクについての情報を問いい合わせ、慎重に検討してください。