30代・40代女性の中年太りの特徴と対策

中年太りに効くダイエットサプリ

40代を過ぎる頃になると中年太りが気になる方も多いのではないでしょうか。 10代をピークに筋肉量は減少を続け、40代を境に大きく下降線をたどります。 筋肉量が減少すると、呼吸、鼓動、体温を保つなどの基礎代謝も落ちていきます。

 

基礎代謝が落ちると必然的に消費カロリーも少なくなり、若いころと同じような食事を続けていると摂取カロリーが消費カロリーを上回り中年太りと呼ばれるような肥満体形になってしまいます。

 

中年太り解消のためには基礎代謝を上げることが重要ですが、一度落ちた代謝を上げることは難しいものです。そんな時、ダイエットサプリの助けを借りてみてはいかがでしょうか。

 

基礎代謝を上げる燃焼系ダイエットサプリの代表的なものに、L-カルニチンがあります。 L-カルニチンはアミノ酸の一種で、体の中の脂質をエネルギーに変換するのに欠かせない成分です。
L-カルニチンは、私たちの体の中でも合成されていますが、1日に必要な量が約200mgであるのに対し、作られる量は20mg程度で、しかも20代をピークに加齢に伴って減ってしまうのです。 その不足分は当然、食事で補うことになりますが、食生活によっては不足しがちであるといわれています。

 

ただし、L-カルニチンによるダイエット、脂肪燃焼効果は、実は実証されていません。 サプリメントを飲めば効果がある、というのではなく、運動などと組み合わせた場合に効果を発揮するというくらいに考えておいたほうがいいでしょう。 あくまで脂肪→エネルギーの変換効率を上げるのを助けるのであり、脂肪を直接燃やすわけではありません。

 

 

中年太りを解消するサプリメントの選び方

中年太りを解消するためには、まずは脂肪を現状より増やさないことが重要です。
脂質を多く摂取することで、血中の中性脂肪が増えてしまうと、脂肪組織に取り込まれて蓄積し、中年太り特有の肥満体型になってしまいます。
つまり、中性脂肪を減らすことが、脂肪を貯めない・増やさないための一番の方法といえます。
青魚に含まれるDHA・EPAは血液サラサラ成分としても知られていますが、DHA・EPAには肝臓で中性脂肪を合成するのを抑制し、また肝臓から血中に中性脂肪が分泌されるのを抑制する効果があります。
脂肪を貯めない・増やさないために飲むサプリメントとしては、DHA・EPAを配合したサプリメントが最適ということです
また、運動などを行いエネルギーが必要になると、人間の脳ではそれを感知してエネルギーを作り出すための命令を出します。この時に使われるのが脂肪です。
アドレナリンなどの脂肪動員ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されて、脂肪を分解するためのリパーゼという酵素が活性化します。リパーゼにより分解され、血中に分泌された脂肪酸は体の各組織でエネルギーとなって消費されるのです。
この脂肪動員ホルモンの分泌に効果的なサプリメントとしてカプサイシンやオルニチン、アルギニン、チロシンなどのアミノ酸があげられます。
その他にはエネルギーを作り出すミトコンドリアの働きを活性化させる成分としてL-カルニチン、コエンザイムQ10などがあります。
こういったサプリメントを上手に取り入れることで中性脂肪を効果的に減らすことができるでしょう。

 

 

女性の中年太りの原因

女性が中年太りしてしまう原因の一つは、老化による筋肉量の低下が考えられます。
筋肉の量が低下してしまうと身体の基礎代謝が下がってしまうので、若いころと同じだけの食事の量を取っていたとしても、一日における消費カロリーが少なくなってしまうため、身体に脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。
次に中年太りの原因は、体内のホルモンの変化です。
年をとってホルモンの分泌が抑制されてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまい免疫力が低下してしまったり、筋肉が増えにくくなってしまったりします。
また、ホルモンの働きが弱まってしまうため、脂肪を分解しにくくなるという悪影響もあります。そして結果として消費するカロリーが減ってしまい、中年太りしてしまうのです。
また、女性には男性と違って太りやすい時期があって、とくに生理の10日前から生理が始まるまでの時期がもっとも痩せにくく太りやすい時期だといえます。この時期は心身ともにストレスがたまりやすく、疲れやすい時期でもあります。
そして女性が太りやすい時期としては、中学生から二十歳ごろまでの思春期の頃と、妊娠や出産をする時期には太りやすいとされています。
さらに、更年期を迎える頃には消費するカロリーが低下するため、もっとも太りやすい時期とされています。
若い時と同じように食事をしていると30代や40代になった時に中年太りに悩むことがあるので、上手にダイエットをして解消していきましょう。

 

 

30代・40代女性の中年太りの特徴と対策

まず30代女性の中年太りの特徴ですが、一般的に女性は30代にはいると徐々に太りやすい身体に変わっていくとされています。
20代のころに比べると基礎代謝が低下してしまっているため、同じ食事の量を食べていたとしても太りやすくなってしまいます。
また、30代に入るとデスクワークが増えたり、環境が変わる時期でもあるため、運動量が減ってしまいやすくなったり、ストレスが増えてしまったりと、環境の変化によって中年太りしやすい時期だと言えます。
そして40代女性の中年太りの特徴は、更年期を迎える時期でもあるため、体重の増加が激しい時期でもあります。
原因のひとつは老化による筋肉量の低下があげられます。30代に比べると40代では新陳代謝がガクッと落ちてしまうと言われています。
また、筋肉量の低下によって皮膚のハリも失われてしまい、脂肪の固まりでもあるセルライトが定着しやすい時期だとされているので、40代になると体全体に脂肪がつきやすく、全身のボリュームが増す時期でもあります。
さらに40代になると女性ホルモンの分泌量も大きく減少してしまうため、若いころはお尻につきやすかった脂肪が、お腹まわりを中心につきやすくなるため、たるんだ体になってしまいます。
中年太りを防ぐ方法の一つに運動がありますが、筋肉量を低下させないために定期的に運動を心掛けるようにしましょう。
また、食事にも注意する必要があります。
米やパンに含まれている糖質の摂取量を減らすようにすることで、痩せやすい体を作ることができるようになります。さらに、女性ホルモンの分泌を促進するビタミンを多く含む緑黄色野菜を摂取するように心掛けることも重要です。

 

 

女性の中年太りの特徴

女性は中年、とくに更年期を迎えるころには基礎代謝が低下してしまうため、太りやすくなってしまいます。
体重が増えてしまう原因は筋肉量の低下によるものなのですが、特に体脂肪が増えやすくなってしまっていることが問題です。そのため、体全体にまんべんなく脂肪がつくことになります。
若いころは引き締まっていた体ですが、全体的に筋肉量が減ってしまっているため、皮膚にハリがなくなり、垂れ下がるようになってしまいます。さらに、大きな筋肉である背筋や太ももの筋肉も落ちてしまうため、足が太くなってしまったり、背中にも肉がついてしまいます。
また、女性の中年太りは特にお腹に脂肪がつきやすくなります。
女性は更年期を迎えるころになると、女性ホルモンの分泌量が低下して、脂肪がつく場所が変わってしまいます。
若いときであればヒップを中心とした下半身に脂肪がつきやすいのですが、女性ホルモンの分泌量が低下することによって、脂肪がお腹を中心につきやすくなってしまいます。
また、お腹のまわりの内臓部分にも脂肪がつきやすくなってしまうため、メタボリックシンドロームの原因になってしまうことも少なくありません。
このように女性の中年太りには、特にお腹まわりを注意する必要があります。
お腹のまわりをすっきりとさせるために大切なことは、インナーマッスルをつけることです。女性は内臓脂肪がつきやすいため、体の中にあるインナーマッスルを鍛えることで、お腹の脂肪を落としやすくすることができます。

 

 

中年体型をカバーする着こなし

中年太りなどの理由で体型が崩れてくると、自分はどんな洋服を着ても似合わないんじゃないかとネガティブな気持ちが出てきてしまって、外出するのが億劫になってしまう場合もあります。

 

そんな方には、体型を上手にカバーする着こなしや、洋服の色使いなどで上手に着やせ効果を出してあげることも可能です。

 

まず、下半身が太めという方におすすめなのが、あえて上半身にボリュームを出した服装をすることです。

 

この体型が太めに見える理由は、実は上半身と下半身のボリュームの差にあります。ですから、女性であればトップスにフリルやリボンなどがついたボリュームのあるものを選ぶことで、相対的に下半身が細く見える効果があります。
普段の服装がなかなか決まらなくて困っているという方は、一度あえてボリュームを足してみるこの方法を試してみて下さい。

 

次に、お腹がポッコリしていてウエストが無くなってしまっている方におすすめの服装をご紹介します。

 

この体型の方が、お腹が気になるからとりあえずウエストをぎゅっと締める服装や、細目のシルエットの洋服を選んでしまうのは間違いです。このような体型カバーをしてしまうと、逆にお腹周りに視線が集まってしまうので、おすすめ出来ません。
細めのシルエットの洋服を選ぶのではなく、逆にゆるめの服をチョイスして相対的に体を細く見せてあげる方がすっきりとします。
ポイントは、手首、首、足首などの細い部分を露出して強調するようにすることです。こうすることで体の細い部分が強調されるので、全体的にすっきりとした印象を与えることが出来ます。

 

 

中年太り解消のため手軽にできる運動

中年太り解消のために、日常生活のちょっとした空き時間に行うことの出来るおすすめの運動をご紹介します。

 

最も手軽に出来るのはストレッチです。
ストレッチを行って筋肉を伸ばしてあげるだけでも十分な刺激となり、血流循環の改善や、酸素の取り込み量の増加効果が期待出来ます。
また、ストレッチを筋トレなどの運動の前に行うと、その後の運動効果を上げるという効果も期待出来ます。
特にこれから始めるのであれば、股関節のストレッチをおすすめします。
股関節は体の関節の中で最も大きく、様々な靱帯や筋肉があるため、この部分が凝り固まってしまうとリンパやホルモン、血液の流れが滞ってしまって老廃物の排出が阻害されてしまいます。
ストレッチを行って、リンパやホルモンの流れを改善してあげるだけで、全身のむくみが改善するといった効果もありますから、ぜひ試してみて下さい。

 

ストレッチを上手く日常生活の中に取り入れることが出来たら、次はスクワット運動を隙間時間に行なってみてはいかがでしょうか。
お腹周りが気になると、つい腹筋をしてしまいがちなのですが、実はスクワットの方が全身の筋肉にもお腹周りの筋肉にも効果的です。
特にスクワットを行うと、体の筋肉の中で最も大きい太股の筋肉を鍛えることが出来るので、筋肉量を増やしたいと考えている方にもとてもおすすめです。

 

スクワットで全身の筋肉を増やすことが出来れば、中年太りの最も大きな要因である、筋肉量の低下による基礎代謝の低下を防ぐことが出来るはずです。

 

 

酵素ドリンクで中年太りを解消しよう

中年太りをする大きな原因は基礎代謝の低下によるものです。
その基礎代謝を上げるための代表的な方法には、筋トレと代謝酵素を増やすことが考えられますが、筋トレは継続することが難しいと思われる方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめするのが酵素ドリンクです。
酵素ダイエットがブームになっていることからも効果の高さは折り紙つきですが、これは中年太りを解消するためにもピッタリな方法だと言えます。

 

太りやすくなったと感じている人の大半は、代謝酵素が不足していることが原因になっていると思われるので、酵素ドリンクによって、口から酵素を摂取することで、代謝に使える代謝酵素を増やすことができます。当然、代謝酵素が増えると基礎代謝が上がるので、同じ生活をしていても痩せやすくなるという訳です。

 

そして中年太りの解消に酵素ドリンクをすすめているもう一つの理由としては、続けやすいということがあります。
毎日決まった量を飲むだけなので、決して難しいことではないです。

 

基礎代謝が上がると、老化や生活習慣病を予防することにも繋がるので、健康のために飲んでいる方も多いです。
とにかく、中年太りを解消したいと本気で思っているのなら、酵素ドリンクを飲み始めることをおすすめします。

 

最近では様々な酵素ドリンクが出ていますが、酵素ドリンクによって含まれているものが違い、味や効果も違います。 自分の好みに合った酵素ドリンクを探してみてください。

 

 

ヨガでお腹周りを引き締めよう

ヨガはゆっくりとした運動なので、これまであまり運動の習慣がなかった方でも体に過度な負担をかけることなく運動を始めることが出来ます。

 

ヨガには様々なポーズがあるので、中年太りで気になるお腹まわりを引き締める効果だけではなく、下半身などその他の気になる部分への引き締め効果も期待出来るので嬉しいですね。
また、ヨガをしっかりと行えば筋肉がついて基礎代謝が改善するだけではなく、体脂肪を減らしたり、加齢と共に気になってくる生活習慣病を予防する効果も期待出来ます。
さらに、ヨガにはストレスを取る効果もあって、病気の予防などを期待して行う方も多いようです。

 

加齢と共に体には多くの変化が現れてきますが、ヨガには加齢によって起こる不調を解消する様々な効果が期待出来ます。中年太りが気になってきたことをきっかけとして、ヨガを始めてみるのはいかがでしょうか。

 

最近では、30代・40代になってからヨガスタジオに通い始める女性がとても多くなっています。
やはり、スタジオに通った方が継続しやすいですし、正しい方法でヨガを行うことができるため、得られる効果も大きくなります。
同じような年代のお友達と一緒に通い始めると、楽しく続けることができるのではないでしょうか。
これまで運動の習慣がなかった方では、40代に差しかかった頃から新たに運動の習慣を付けるというのも大変なことだと思います。そんな方の中年太り解消のためにイチオシなのがヨガです。

 

 

中年太りの女性のダイエット法

女性は40歳から閉経を迎える時期もあり、それによって体内の女性ホルモンも低下してしまいます。女性ホルモンが減少すると内臓周りに脂肪がつきやすくなってしまい、そのため20代や30代前半は比較的腕や足などが太る傾向でしたが、女性の中年太りはお腹にお肉がつきやすくなってしまうのです。

 

そのため女性の中年太りのダイエットの大原則は、女性ホルモンを増やし、代謝を上げて、脂肪を燃焼させやすくすることだと言えます。
ここでは、女性の中年太りのダイエットを成功させるための具体的なポイントをご紹介したいと思います。
まず食事制限はしないことです。1日食事を抜いたり、1日2食にするダイエットもあるのですが、中年女性にはおすすめできません。
中年になると体内の代謝が低下してしまうことがほとんどですから、無理な食事制限をしてしまうと更に栄養が偏り代謝が低下し、ダイエットには不向きな体となってしまうので注意が必要です。
次に、ホルモンバランスを整えて代謝をアップさせましょう。
そのためにはホルモンバランスを整える食べ物を食べることをおすすめします。特に豆腐、大豆食品を食べるようにしてください。
また代謝をアップさせるために、発酵食品(納豆、味噌)を毎日の食事の中に取り入れるようにしましょう。
女性ホルモンも増えますので、年齢によって減少したホルモンを補い、痩せやすい体質を作り上げることができます。

 

中年太りのダイエット最後の仕上げはやはり運動です。
運動といっても、痩せやすい体質を作り上げれば激しい運動を行わなくても、自然と痩せていきます。代謝を上げる運動でウォーキングがおすすめです。

 

 

お腹周りの引き締めにインナーマッスルを鍛えよう

中年太りでまず気になってくるのが、お腹周りに溜まってしまう脂肪ではないでしょうか。
どうにかして、たるんだお腹周りだけでも引き締めたいと思いますが、なかなか効果的な方法というのが分からず、手をこまねいてしまいがちです。

 

そこで、おすすめしたいのが、インナーマッスル腹筋を鍛えるトレーニングを行うことです。
インナーマッスルとは、体の奥の見えない所にある触れることの出来ない筋肉を指します。鍛えにくい筋肉ではあるのですが、きちんと鍛えることが出来れば体の引き締め効果や、健康寿命の延長も期待出来ます。
日常生活の中でも簡単に取り入れやすいインナーマッスルのトレーニングですが、その効果は抜群です。
インナーマッスルを鍛えるためには腹筋のような筋トレではなく、ゆっくりとした動作で行うことがポイントです。インナーマッスルのトレーニングは、通常のトレーニングとは異なり、うっすらと汗を掻く程度でOKです。

 

ただ、しっかりと行えていれば体の奥の方の筋肉が疲労していることが分かると思いますので、自分に合わせた負荷をかけながら行うようにしてみてください。

 

また、インナーマッスルのトレーニングを続けながら酵素ドリンクを飲むことで、さらに基礎代謝を上げることができるようになります。
基礎代謝を上げることで、痩せやすい体になっていくのです。

 

インナーマッスルのトレーニング+酵素ドリンクの組み合わせは、無理なく続けられて、ダイエット効果の高い方法なので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

着やせ効果で中年太り対策

加齢に伴う中年太りはある程度はしょうがないものですが、そうはわかっていても、できれば少しでも細く見せたいというのが女心です。
そこで、崩れてしまった体型を美しく、若々しくさせる方法をご紹介します。といってもダイエットではありません。脂肪を減らさなくても、見た目をググッと細く見せる方法があります。
その方法とは、ズバリ「着やせ」です。目の錯覚を利用して、体型を細く見せることができます。
まずは、ストールで背中をスッキリ見せましょう。
ストールを首に巻く際は、背中側に長く垂らすと、背中をスッキリ細く見せることができます。この時、垂らしたストールの長さを揃えず、互い違いにしておくとよりシャープな印象に見えます。
これは、水平垂直錯視(横よりも縦の物を細長く見る目の錯覚)の効果で、ストールが縦のラインとなり細 い印象になります。
また、ドレープでたるみをスッキリ見せることも可能です。
片側の腰の辺りで服を手繰り寄せドレープを作り、安全ピンで固定します。固定した部分にブローチを着ければ見た目もおしゃれになります。
ドレープを作ることにより、腰回りのたるみが服に響きにくくなるため、スッキリとした見た目になります。
そして、Xラインでウエストシェイプ効果を目指しましょう。
カーディガンやジャケットなどの上着は、ウエスト位置のボタンだけを留め、くびれを作ります。
バストとヒップの大きさがくびれを強調し、グラマーな体型に見せることができます。
いかがでしょうか。ダイエットは長続きしない、年だからしょうがないと諦めがちになっている方、是非参考にしてみてください。

 

 

中年太りは老化現象のひとつ

中年太りは、白髪や老眼と同様に、体の機能低下による老化現象のひとつです。 老化によって、体の中のさまざまな細胞や器官が衰え、本来の役割ができなくなって太りやすい体になります。
老化を引き起こすのは、体の中で起きる「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」だといわれています。これらの現象は、食事や運動、ストレス対策など生活習慣を少しだけ見直すことで、抑制することができます。
酸化を止めるのは食生活が大事です。
太らない体をつくるためには、老化で活性酸素を消去する酵素が減少しても、意識的に抗酸化物質を取り入れることで十分補えます。
中でも、特におすすめの食材は緑黄色野菜の王様と呼ばれるニンジンで、ベータカロテンが豊富なうえ、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンCのほか、鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含まれています。
糖化は食べ方で防ぎましょう。
糖化とは、私たちの体内にあるタンパク質と、食事によって摂取した糖が結びつき、糖化したタンパク質が体内に蓄積してしまうことです。
老化とともに太りすぎの原因になる糖化は、食べ方を変えることで抑えることができます。
食事時間は最低でも20分かける、糖質の多い食材を食べ過ぎない、食事は6時あいだを空けることで糖化を習慣化しましょう。
若返りホルモンDHEAの低下は、軽い運動で防げます。
DHEAホルモンは、男性ホルモンや女性ホルモン、ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質ホルモンなどの源になる、重要なホルモンです。
DHEAの血中濃度が低下する一大要因はストレスです。ストレスをためない生活を心がけるようにしましょう。
また、軽い筋肉運度をしていれば、DHEAの分泌が促されます。

 

 

中年太りのポッコリお腹の解消法

一体どうすれば、中年女性が太りやすい体から解放され、ポッコリお腹から脱出できるのでしょうか?
それには、必要な栄養素であるたんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などが入った野菜、果物類、海藻などを積極的に摂取することがまずは大事なプロセスになります。
では、ビタミンやミネラル、食物繊維とは一体どんな食材に入っているのか、それをチェックしてみましょう。
まずはビタミンAが多いものは、うなぎ、ニンジン、春菊、鶏レバー、モロヘイヤ、卵、小松菜、ニラなどです。
ビタミンBが豊富な食材は次のようなものになります。
玄米、豚肉、うなぎ、たまご、納豆、レバー、バナナ、ナッツ類、大豆、野菜類、かつお、ぶり、鯖、いわし、果物、小松菜、ほうれん草、モロヘイヤ、たらこ、あさり、ニシン、牡蠣、鶏肉、落花生などです。
ビタミンCが豊富な食べ物は、柑橘類、赤&黄色ピーマン、焼き海苔、パセリや芽キャベツなどです。
またミネラルが豊富な食材は、桜えび、うるめイワシ、カットわかめ、切り干し大根、納豆、ピーナッツ、ほうれん草、ゆでたまごなどです。
そして食物繊維の多い食材は、茹でたいんげん豆や小豆、ひよこ豆やおから、納豆、くり、ごぼう、グリンピース、モロヘイヤ、きくらげ、ひじきなどです。
こうやってビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な食材を並べてみると、加工食品やお弁当などを手軽に食べていては、なかなか摂取できないものばかりであることが理解できると思います。
食材を買ってきて、自分の手で料理をする習慣を持つようにすることも、中年女性がポッコリお腹になってしまっている状態を、改善させる解決法の一つであることは間違いありません。

 

 

人気の中年太り専用メタボ茶

中年太りの原因は、主に基礎代謝の低下です。実は人が消費しているエネルギーの約70%は基礎代謝です。だから食べる量は同じでも年齢とともに太ってしまうのです。さらに年齢を重ねると筋肉量までもが低下してしまうから自然と運動からも遠ざかり、ポッチャリ街道まっしぐらなんてことになってしまいがちです。

 

そんな方の強い味方になってくれるのが中年太り専用のメタボ茶です。
ティーライフ「メタボメ茶」は、静岡の老舗のお茶屋さんが、世界中から探し出した4種類のお茶・素材を独自にブレンドしています。
すっきりに嬉しいダイエットプーアール茶、大豆イソフラボンを含む北海道黒豆、溜め込まない杜仲茶、脂っこい食事もすっきり軽やかなウーロン茶を配合しています。

 

普段積極的に摂りたいけれどどうしても難しい食材や栄養素もここに含まれていることや、数種類の栄養素を組み合わせることで、お茶のデトックス作用が高くなり、さらには、摂取しにくいミネラルがこれで簡単に摂取できるメリットがあります。
お茶屋さんならではのブレンドにより飲んだ人の89%が美味しい、好きというほどの味を実現しています。カロリーゼロ・糖質ゼロ・脂質ゼロに加え、スッキリ、メラメラを応援する成分が入っているので、まさに中年太り専用のお茶というわけです

 

メタボ茶は好きなときに好きなだけ飲むことができます。これまでダイエットに挫折してきた方は、今度こそ習慣づけに成功するためにもメタボ茶を試してみてください。

 

 

中年太り解消にラクトフェリン

ラクトフェリンには、体内の中性脂肪を減らす効能があり、摂取することで中性脂肪を減らすことができます。
ラクトフェリンは、1939年にデンマークの科学者によって発見された成分で、人間など哺乳類の乳や唾液、血液、牛の乳(生乳)などに含まれている成分です。最も多く含まれるのが人間の出産直後の初乳で、牛の初乳の濃度の約10倍もあり、母乳中のタンパク質の約10?30%も占めます。人間の唾液に含まれるラクトフェリンの量は、加齢とともに低下してまいます。
ラクトフェリンの働きについてはまだはっきり解明されていない部分もありますが、腸で働くといわれており、一部は小腸で、一部は大腸でビフィズス菌に役立つことが分かっています。つまり、腸まで届けるのがポイントですが、ラクトフェリンは普通に摂取しても胃で分解され、腸まで届きません。そのため、乳製品を摂取しても腸まで届けることは難しいのです。しかし、ライオンのラクトフェリンは、食品成分を使った特殊技術でコーティングを実現、ラクトフェリンをしっかりと腸まで届けることができます。
愛飲者の間では、お腹のスッキリが実感できたとか、体がスッキリしたなど、ダイエット効果を実感している人が多いようです。
また、ダイエットサポートの他にも、体の健康維持にも役立ち、40代以降の女性の間でも人気があります。女性の美容面でも効果のある成分のようです。
ただし中性脂肪を減らす効果が期待できるからとラクトフェリンを過剰摂取してしまうと、様々な副作用が出ることがあるので、用法・用量を守って摂取するようにしましょう。

 

 

中年太り対策に基礎代謝を上げる方法

一定の年齢を過ぎると基礎代謝が低下するため、お腹や太もも、背中に脂肪がつきやすくなります。そしていざ脂肪を落とそうとしてもなかなか思い通りにいかないのが実際のところです。
そこで今回は、無理せず基礎代謝を上げる方法をご紹介します。
まずは代謝酵素を増やして基礎代謝を上げる方法です。
酵素という点で中年太りを説明すると、代謝酵素が不足しているため、エネルギー変換が滞り、体内に不要な脂肪が蓄積されている状態と言えます。つまり代謝酵素を増やしてあげれば、基礎代謝も上がり、余計な脂肪の蓄積を防ぐことができると言えるのではないでしょうか。
体内の代謝酵素を増やすためには、消化酵素を増やすことが近道です。特に消化酵素を多く含み、すりおろしできる野菜や果物を摂るのがおすすめで、それは、大根・にんじん・生姜・りんご・パイナップル・バナナ(青いもの)などです。
野菜や果物は新鮮なものをすりおろすようにしましょう。そしてすりおろしたものは即食べることが消化酵素を効率良く摂取するコツです。
また白湯を飲んで基礎代謝を上げる方法もあります。
単なる湯冷ましではなく、正しい方法で沸かした白湯は軽く、スッと体内に入り消化吸収を助けます。また巡りがよくなり冷え性が改善されるので、基礎代謝上がり脂肪が燃えやすくなります。
白湯はごくごく飲まずに、すするようにして時間をかけて飲みましょう。
朝起きたらコップ一杯、食事中にも一杯というふうに、1日に1?を目安に飲むと効果的です。
中年太りは一長一短では解決しないことを頭の中に入れて、まずはできることからトライしてみてはいかがでしょうか。

 

 

脂肪吸引でポッコリお腹もぺったんこ

メタボ体型の象徴と言えるのが、ポッコリと膨らんでしまったお腹の贅肉です。これは中年太りとも呼ばれる体型でもあります。
贅肉は身体についた余分な脂肪のことで、この脂肪を落とすためには運動療法や食事療法を行うほか脂肪吸引という選択肢もあります。脂肪吸引では脂肪を吸引し除去するため、施術後は脂肪の付きにくい身体にすることができます。
脂肪吸引施術とは、美容整形外科クリニックなどで受けることが可能な施術であり、特定の機器を用いて体内から物理的に脂肪を除去することが可能な施術になっています。
取り除いた分だけ確実に痩せることができるため、具体的にどれだけ痩せることができるのか分らないまま運動や食事制限によるダイエットを続けるのと比較して、すぐに結果を得ることができるメリットがあります。
また、お腹の贅肉が気になるのならお腹に脂肪吸引を施すといったように、部分痩せを目指して活用することが可能です。そのため、ダイエットに取り組んだものの、体重が落ちたにも関らず脂肪が落ちなかった箇所に対して、脂肪吸引施術を施すという利用の仕方をするのもおすすめです。
しかしながら、脂肪吸引施術における代表的な失敗例として、治療後に波打った皮膚が元に戻らなくなるという現象を引き起こしてしまうことがあります。このような失敗をしないためにも、口コミサイトなどを参考にしながら、信頼できる医師が在籍しており、先端の機器を用いた治療を行なってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

 

体脂肪を減らす方法

中年太り解消のためとはいえ、食事制限が課されたらせっかくの食事も楽しみが半減してしまいます。
そこで、食事量を減らさず中年太りの天敵である体脂肪を減らす方法をご紹介します。
食事によって体内に取り入れた脂肪をそのままにしておけばどんどん溜まっていき、やがては肥満の元になります。
この脂肪を体内で燃やしてエネルギーに変換する栄養素がアミノ酸です。
アミノ酸を含む食品には、肉類・魚介類・乳製品・豆類・穀類があります。
また、食事によって摂取した糖分はエネルギーとなり、余った分が脂肪に変換され蓄えられます。
これら脂肪や糖分を分解し、エネルギーとして燃やす為に必要な栄養素がビタミンとミネラルです。
ビタミンを含む食品にはレバー・緑黄色野菜・果物・豆類があり、ミネラルを含む食品には乳製品・豆類・レバー・魚介類があります。
どの栄養素も少なからず食品に共通して含まれていますが、どれか一種類だけを食べていては体脂肪は減るどころか増えてしまいます。バランス良く食べる事を心がけましょう。
また体脂肪を減らすのに最も効果的といわれる運動が有酸素運動です。
取り込んだ酸素を血液に送り込み、酸素が血液中の脂肪や糖分をエネルギーに変えます。
有酸素運動にはジョギング・ウォーキング・水泳・ストレッチなどのエクササイズ・サイクリングがあげられます。
無酸素運動は糖質を優先的に消費させますが、有酸素運動は脂肪の燃焼を優先させるのが特徴です。
そのため体脂肪を減らすのなら、有酸素運動を行う方が効率的と言えます。
通勤時の歩く早さを少し上げるだけでも効果はありますのでぜひ試してみてください。

 

お腹痩せエステ

加齢によって女性も代謝機能が低下してきて、お腹を中心に脂肪が付きやすくなります。メタボなどの生活習慣病の原因にもなりますから、しっかりと中年太り解消をして健康的な生活を送れるようにすることが大切です。

 

そんなお腹の部分痩せに最適なのがお腹ダイエットエステです。
自力では難しいお腹痩せを実現してくれて、ポッコリお腹を解消して昔のようなすっきりとしたお腹を手に入れることができます。
部分痩せに定評があるエステたかのゆりには100種類を超える施術方法があります。そのため、その人に最適な方法でお腹痩せをすることができます。

 

オリコン痩身ランキングでは1位をとったたかのエステの技術は、きもちよくてうっとりするほどです。
たかのゆりならではのハンドテクニックによるマッサージで、脂肪を柔らかくしながら燃えやすくすることで、ポッコリお腹をへこませていくことができます。また、しっかりと脂肪をもみほぐして流していくので、むくみ解消とデトックス効果もあり、ボディラインもすっきりすること間違いなしです。
また、ダイエットするならミスパリと言われるほど痩身エステとして人気なのがエステティックミスパリです。
特にお腹?せは評判が良く、セルライトや皮下脂肪、そして内臓脂肪といった3種類の脂肪をターゲットに、凸凹なセルライトもなめらかにスッキリと、そして気になる部分の脂肪もすっきり、それにプラスして筋肉運動により脂肪をしっかりと燃焼しながら引き締めていくので、全身痩せながらもお腹をしっかりとスリムにすることができます。