バストの噂検証SP有名モデルがショー直前に行うバストアップ術

今回はバストの噂を徹底検証、海外セレブでバストに異変が起こっている。

ニコール・キッドマンはDカップのバストをAカップに手術。

ベッカムの妻ヴィクトリアもEカップからBカップに手術した。

あえて胸を小さくする減胸がブーム。

世界では巨乳の時代が終わりバスト新時代が到来した。

芸能人が噂のバストケアを検証。

関西コレクションの裏側で行われる緊急バストアップ法を公開。

意外なバストの悩みランキング

バストの悩みランキングTOP10(ピーチ・ジョン調べ)を発表。

10位は毛穴、9位は乾燥ざらつき。

8位ニキビ・できもの、7位は生理後のむくみ、6位はバストが大きい。

トリンプ調べで日本人の平均バストは飛躍的に伸びている。

今では50%超がDカップ以上となった。

胸の大きい人専門ブランド「HEART CLOSET」が登場。

5位は離れ、4位は垂れだった。

番外編では「乳首が伸びる」「黒ずみ」など。

3位は左右の大きさの違い、2位はハリ・弾力不足、1位はバストが小さいだった。

バストの悩みをカミングアウト

スタジオトークで、出演者がバストの悩みをカミングアウトした。

バストの悩みランキングTOP10(ピーチ・ジョン調べ)で、田中美佐子は「垂れ」だとした。

丸田佳奈先生は「筋肉が土台にあり、皮下脂肪と乳腺がなくなり加齢とともになくなる」とした。

吉田明世は子どもを生んで大きくなったが萎んで乳首が伸びたと明かした。

鈴木奈々は生まれつき乳首が長いと暴露した。

丸田佳奈先生は「陥没で授乳が大変な人が多い」とした。

・今女性が憧れる「ハンサムバスト」 理想のバストの条件とは?

海外セレブは減胸がブーム、日本ではハンサムバストが人気。

無理にもらず最も大事なのは鎖骨の中央とバストトップが正三角形になること。

日本ではハンサムバストが人気。

美おっぱいコンテスト2016で一般人ながら優勝した中岡龍子が登場。

ハンサムバストは鎖骨の中央とバストトップが正三角形、中岡のバストを確認した。

丸田佳奈先生は「乳腺がないとハリがないのでハリがあるのは良いバスト」とした。

鈴木奈々が中岡龍子の胸の柔らかさを確認した。


噂 関西コレクションの舞台裏で行う緊急バストアップ法がスゴイらしい

関西コレクションの舞台裏の緊急バストアップ法を取材。

36人の芸能人がNGだったと説明、有吉弘行は「アンミカだけOKだろ」と予想した。

関西コレクションは藤田ニコル、筧美和子らが出演する日本最大級のファッションイベント。

秋山未有は一瞬でバストがワンサイズ上がったと証言した。

バストアップサロン「M.M.M」が出張で来てくれていると説明した。

・噂のバストアップサロンに鈴木奈々が潜入

銀座のバストアップサロン「M.M.M」を取材した。

鈴木奈々はハンサムバストを目指しバストアップに挑戦した。

関西コレクションと同じ和漢オイルで全身エステを行う。


鈴木奈々はリンパの流れが悪いためエナジャイザーで脇に電流を流した。

IBE光という光をバストに照射した。

・銀座のバストアップサロン「M.M.M」を取材した。

鈴木奈々はハンサムバストを目指しバストアップに挑戦した。

鈴木奈々は谷間ができ全体的にふっくらした。

3Dで映像化するとアンダー-0.5cm、カップはAからBカップになり、ハンサムバストに近づいた。

・バストの悩みをカミングアウト

鈴木奈々はスタッフから「おっぱいでかくなった?」と言われたと話した。

澤部佑は少し思っていたと話した。

黒田愛美先生は「リンパの流れと血流の流れで寄せ集まったと思う」とした。

鈴木奈々は「2週間たってもあまり変わらない」とした。

鈴木奈々は池田美優の胸が大きくなったと指摘。

池田美優は「減胸手術したい」とした。

雛形あきこは「昔比べて小さくなった」と暴露。

・雛形あきこ悩めるバストヒストリー

雛形あきこのバストヒストリーをVTRで紹介した。

当時の雛形あきこは胸が大きいことを悩んでいたという。

2000年22歳で出産、2サイズダウンした。

雛形あきこは天野浩成と結婚、天野は雛形あきこのバストの魅力を語った。

今の悩みは乾燥するために化粧水を塗っているという。

バストの悩みをカミングアウト

有吉弘行は乳輪のあたりが痒くなるとし、田中美佐子は深沢邦之もかいていると暴露した。

黒田愛美先生は「洗いすぎている可能性がある」とした。

・噂 年間200万円をバストに注ぎ込む育乳マニアのバストケアがスゴイらしい

年間200万円をバストに注ぎ込む、育乳マニア鳳山えりを取材。

もともとは小さかった胸が1年間で4サイズアップした。

3年前からバストアップサロン「Amelie beaute」を経営している。

今回はおすすめの3つのケアを紹介。

・育乳マニアのバストケア キンタローが検証

キンタローが3つのバストケアを検証。

1つ目は補正下着、ダイアナプロポーションギャラリーで補正下着をセレクト。

2つめは「ナイトエステブラマスク」は胸のパック。

ベビーホワイトスティックは乳頭専用の保湿クリーム。

3つめは筋トレ、パーソナルジムKENZでハンサムバスト作りのトレーニングに挑戦。

土下座ポーズでの腕立て伏せを1日30回する。

キンタローがハンサムバスト作りのトレーニングに挑戦。

丸田佳奈先生は「土台は変わるが乳腺が変わらない」とした。

育乳後のキンタローが登場した。

キンタローは、ハリや肌ツヤが違うとした。

3D解析するとバストトップが上がっていた。

ハンサムバストのゴールデントライアングルができていた。

109歳&103歳が登場!元気ご長寿が実践している長生きごはんの差
ひじきワカメもずく…実は旬!海藻健康効果の差

関連記事一覧