30代の半ばから既に体型は崩れていき徐々に太っています

30代以降、体型の崩れが気になってきた方はおばさん太りといわれる、中年太りを気にされる方が多いかと思います。
ここでは、簡単に自分がおばさん太りなのかどうかを知る方法をご紹介したいと思います。とっても簡単です。以下の2つにあてはまるかどうか、チェックするだけです。
●1.5年前のスカートが入らなくなった●
まず一つ目のチェック項目は、5年前のスカートが入るかどうか。
「あれっ?チャックが閉まらなくなった」「ウエスト周りがきつい」と感じましたか?
●2.「どっこいしょ」と声が出る●
これは、立ったり座ったりした時に、「どっこいしょ」と声が出ているかどうか。若いころ、年配の人がこういった声を出しながら立つ姿を見た事があるかと思います。そのような声を今の自分は出していませんか?
以上、この2つに当てはまった方は、おばさん太りになっているといえるでしょう。何故かというと、この2つに当てはまっているという人は、お腹の周囲に脂肪がついている状態で、重ねて筋肉が落ちてしまい基礎代謝もぐっと低下しているという表れなのです。
今はそこまでではないという人も、十年後には体型維持に努めている同年代の人と比べた時に、その人達との差はどんどんと開いていきます。おばさん太りは自分に良い影響を及ぼす要素はありません。逆に生活習慣病のリスクが大きくなったりと、健康面でも気をつける面が出てきます。
そうなる前に今出来る事をする事で、健康的に年を重ねていく事ができます。したい事もできます。
当てはまった方も、あと一歩でなりそうな方も今がチャンスです。意識が向いている今、解消していきましょう!

おばさん太りは30代から?!

女性にとって体型を気にする方は多いですよね。若い人は若い人で、ダイエットを意識して自分の目指す・理想とする体型を維持しよう、なってやると意欲と希望をもって取り組んでいますし、健康上の問題で痩せる必要がある人もいます。

 

ですがそんな中でも、年を重ねていく中で誰もが体型を気にするという年代があります。それが新陳代謝などの低下によって訪れる体型の崩れ。多くの人が40代半ばあたりからこの体型の崩れ、いわゆる『太った』と実感しているのだそうですが、実はこの太ったと感じる体型の変化は、それよりも前の年代、30代の半ば頃あたりから既に体型は崩れていき、徐々に太っていっているのだそうです。

 

この変化は少しずつなので、普段自分を見慣れているとあまり意識しないもの。ですが時が経過し、ふと鏡に映る自分の全身を見た時に、「えっ?私の体型ってこんなだっけ?」と気づくのです。ですので、多くの方が40歳前後を迎えた頃、平均的に6?10?ほど太ったと気にするようになります。

 

中には10㎏以上太ってしまったという人もいます。

 

これが、巷でいわれている”おばさん太り”と呼ばれるもの。

 

今回は、この”おばさん太り”に焦点を当てて、その解消方法はもちろんですが、原因などのメカニズム等も解説し、気になる体型を改善していきたいと思います。

 

●太った理由●
それでは、どうして太ってしまったのでしょうか。まずは自分が意識している原因と、身体の中の原因が一致しているのか、そこから考えてみましょう。

ある読者アンケートの結果ですが、おばさん太りが気になる人に”太った理由”を尋ねてみました。
≪アンケート結果≫

  • 出産した時のまま、体重が元に戻らなかった
  • 1食の食べる量が増えてしまった
  • 食事以外にも間食が増えてしまった
  • 年齢を重ねていく度に、自然と増えていってしまった

こうした回答が多く聞かれました。一つではなく、複数当てはまるという方もいらっしゃるかと思います。ついつい、食事時間以外にお菓子や軽い物を摘まんで食べてしまう、出産後ダイエットしようかと思っていたけれど、子育てで目まぐるしくてそれどころではなかった…と共感している部分があるかと思います。

 

そんな中でも一番最後に記載した、”年齢と比例して体重も増えていった”と回答する方が最も多かったのですが、この記事をご覧の方も、同意されている人はおそらく少なくはないでしょう。

 

では、どうして30代すぎ、40代にかけて体重が増えて太っていってしまったと感じる人が多いのでしょうか。年齢を重ねていく事と、体重がそれに比例して増えていく事とは、何等かの関係があるのでしょうか。

 

実は、この30代・40代の女性の身体のメカニズムには、大きな変化が起こっているのです。この変化によって、生活習慣や様々な要素が加わる事で、体型にも影響を及ぼし”おばさん太り”になっていきます。

 

このメカニズムについては、別記事『おばさん太りの原因』をご覧ください。改善するには原因を知り、自分を見直す事が大切です。しっかりと自分にとっての大きな原因と、身体の変化を知る事で、意識が芽生え日々の生活を見直す事が出来たりと、対策方法も自ずと見えてくるはずです。