クロちゃん(42) 腫瘍性のポリープが7つも発見!

大腸の内視鏡検査をしたクロちゃんは、がん化の可能性がある腫瘍性のポリープが7つも体内から発見された。

去年10月、クロちゃんは直径7ミリの脳動脈瘤が見つかって破裂すると脳卒中の危険があるので除去手術を行っていた。

コイルがついたカテーテルを、足の付根からいれて電気信号で切断する「コイル塞栓術」を行ったクロちゃんは、無事手術を終えていた。

:クロちゃん(42)7つの大腸ポリープ

両親に健康な生活を誓っていたクロちゃんだったが、その後の生活を調査すると中華屋さんで天津丼、シュウマイ、餃子など約900カロリーを食べていた。

しかし、ツイッターでは食べたものを減らして投稿していた。

さらに600キロカロリーのたい焼きとソフトクリームセットを一気食いした30分後、ミックスフライ定食を食べていた。

心配したスタッフがクロちゃんを人間ドックに連れて行くと、大腸ポリープがいくつも見つかった。

初めて大腸の内視鏡検査を受けたクロちゃんは、放っておくとがん化する腫瘍性のポリープが発見された。

この検査結果をクロちゃんのご両親に報告し、クロちゃんは自腹でポリープ除去手術を受けることになった。

彦摩呂(52)エイリアン脂肪が判明!
宮本亜門(61)がん告知の瞬間に完全密着

関連記事一覧